人気ブログランキング |

4・ターザン〜孤独な戦士〜

d0372513_21521734.jpg

2009年の作品

自分と同じ姿をしたものはみたことがなかった。

群れの一員とみなされてはいるが異色の存在。
古株の雄にとっては疎ましい。
カラの愛情と彼の機敏さ強さがなかったら彼は群れからすでに追放されていただろう。
とくに彼を敵視しているチュブラットは隙さえあらば命を狙っていた。

だが類人猿のダムダムの祭りの夜、それは起きた。
チュブラットの怒りをかったターザンは樹上に逃げる。
ボスと同等に優位に立つ雄のチュブラット。
ターザンに逃げられたチュブラットは八つ当たりで気が狂ったように暴れ周りの仲間を次々になぶりものにする。
雄の類人猿の凶行に散り散りに逃げる群れの仲間たち。

逃げ遅れたカラはその餌食となろうとしていた。
木を伝ってカラの元へ走るターザン。

チュブラットとカラの間に彼は樹上から飛び降りた。
手には亡父の形見のナイフ。

飛んで火にいる夏の虫。
チュブラットはその牙を少年の褐色の肌にのばした。
が、それは届かず少年のナイフに長年の宿敵は絶命。

ターザンは倒した宿敵の首に足をかけ、凛々しい顔をそらし月を見上げ勝利の雄叫びをあげた。
こうして彼は群れの中で優位な地位についた。

浜辺の亡父の小屋での学習。
類人猿の仲間との生活。
野獣の世界と文明の世界を行き来する彼だった。

持って備わった知性、そして野獣の心。
倒した獲物の血の滴るなま肉にかぶりつき、手についた血をふとももでぬぐう貴公子ターザン。
同じ頃、本来なら彼が継承するはずの爵位を名乗ったもう一人の卿がロンドンの超一流のレストランでステーキに火が通っていないと調理長に文句を言い、指先を真っ白のナフキンで拭いていた。

やがて彼には最愛の母カラとの永遠の別れが待っていた。


by motibito03 | 2017-07-08 21:53 | ★『クロニクル』ターザンの絵物語