昔描いた漫画をリメイクしたのを再アップしてみた『1』

<はじめに>

ずいぶん、昔のことです。
高校生の時、授業や部活の合間をぬってストーリー漫画を描いていました。罫線なしのノートに鉛筆でチマチマと。


行方不明だったのですけど、押入れの天袋の段ボールに入ったのを最近みつけました。今、見ると赤面するほど下手くそです。

d0372513_22262490.png

でも、家と学校を往復するだけの「世界を全く知らない女子高生」が、それなりの感性で「愛」や「義」を必死で描こうとしていたのだけはわかりました。

そういう漫画を描いたことはすっかり忘れて長い年月が経っていました。その長い年月の間、生活状況は変わり、お絵描きをすることもすっかり忘れていました。

子供たちが手のかからない学年になる頃、夫が単身赴任の時期がありました。一人で家のこと、学校、町内会、入院している父のことなどをしながらも自分の時間が少し持てました。

好きなお絵描きを思い出したように少し始めました。
紙と鉛筆。そしてパソコンというツールを得ていろいろなものを描いていました。
お絵描きをしながら、ふと思いだしたのは昔描いてたストーリー漫画のこと。

「ああ、そういえばそういうことがあった…」

と、昔の自分を懐かしみました。


「漫画ではなく、挿絵風にして文章であらすじを描いてみようかな」
と軽い気持ちで思い立ち、ざっと描きで描き始めました。
自分の記憶を確かめる意味もあったかもしれません。

描いたものは、別のサイトを用意しそこにアップ。
自身のホームページにリンクさせていました。

それは2008年前後のことだったと思います。
父の入院先に向かいながら展開を考えていたのを思い出します。

描くのには時間がかかりました。
紙からスキャナー。
スキャナーからパソコン。

画力の無さに泣き、何度描いても満足のいく線が出ず苦しむことも。なにせ絵の勉強などしたこともないのですから。
素人漫画のつらさです。

肩こり、目の疲れ。
それでも、投げ出すわけにはいきません。
生み出した人物たちはすでにその世界で生きているのですから。


構図や台詞まわし、アングル。
場面転換。

まるで映画監督になった気分でした。
頭の中に浮かぶシーンを線で具現化するのです。

発端が安易だったのか最初の頃は、線画は粗く画質も悪くすこしいい加減でした。

登場人物はアルファベットだったりタイトルもつけずにホントいい加減に描いていたのものです。

「あらすじ」程度と思い、文章でカバーし、相当端折っていました。
あらすじで表現するのでなんと通称「あらすじ漫画」などと表していました。


が、描いているうちに登場人物の魂がのり移るのを感じました。
時々は憑依しているのではないかと思うほど、心が苦しくなりました。

素人なりの本気度をマックスまで引き上げて、とうとう135枚も描いてしまいました。

大昔、女子高生が「悲劇を描く快感」に酔いしれて描いていた物語。
大人になって描く時、彼らの想いが痛いほどわかったのです。

描きながら泣いている時もありました。
精神が削られるのを感じました。

そして、本編を描きあげるとMPが空に。
しばらくして満タンになった頃、始動開始。
短い「後日談」を2編描きました。

さらに、本編での悲劇の救済措置としての物語を一編描きました。
それらを全部アップして、わたしは一連の物語を終えることができたのです。
彼らを昇華させわたしのシゴトは終わったわけです。


その後、そのサイトは「サイト運営会社」の都合で突然閉じられわたしのデータはネット上からは消えました。


心を残しながらも、ついそのままにしていました。

最近のことです。
ひょんな機会で背中を押してくれたネットのお友達の一言や応援。

再アップしようと決心しました。
恐ろしいほどの大量の作業があるのもわかっています。
でも、したいと思ったのはわたしです。

ただ、パソコンの買い替えなどで外付けのHDの中のデータがややこしくなって行方不明のページもあったり。
全部アップできるかわかりません。

飛んでしまうページは文章で補足していくつもりです。

拙い物語ですが、紹介していきます。



<どんな物語?>

有史以前か、いつの時代か、どこの大陸かわからぬ世界。

大小の国々が入り乱れ興亡を繰り返す世界。
まさに弱肉強食の世界。

その頃わたしは、ハワードの「コナンシリーズ」などを読んでいたのでその世界観の影響を受けたのだと思います。

「コナン」や「指輪物語」などの「剣と魔法の世界」(ソードアンドソーサラー)はのち、『ドラゴンクエスト』などに影響を与えたのではないかと思います。


オスカルやアンドレは男女の愛を教えてくれました。
「義」は山岡荘八の「徳川家康」や、他の物語でなんとなく想像ができました。
「火星シリーズ」からは剣戟の影響を受け「義」も学びました。


そういう女子高生の脳内ワールドを舞台に繰り広げられた「愛」と「義」の物語。


<登場人物と相関図>


d0372513_22195348.jpg

大小の国が興亡を繰り返す弱肉強食の世界。
覇権を争い、常に戦いが起きていました。

混沌した世界で、とある国の王女は離宮に向かう途中乳母とともに戦闘に巻こまれます。
やがて、王女はどこの誰かわからぬまま奴隷市場の片隅でぼろぼろになり放置されていたのです。

この世界では、こういうことは日常茶飯事。
死ぬか生きるか、日々、命のやりとりをするこの世界を雄々しく生きる人々の「愛と義」の物語を始めます。

リメイク作業をしたのは2009〜2010年頃だったと思います。
原作を描いたのは、高校生の時です。

長丁場になりますがおつきあいくださいませ。

 つづく



[PR]
Commented by PuaMaeOle at 2017-07-16 13:02 x
更新が早くて、コメントが追いつきませんので、ときどきまとめて入れます。
「いいね」がまだ出来ないんですよ。試行錯誤しています。

3連休中日。
久々の雨。
そして久々冷房がなくても過ごせています。(快適ダァ〜)

今日は家に誰もいないので、今からじっくり腰を落ち着かせて漫画読みます。

ではでは



Commented by motibito03 at 2017-07-16 15:54
> PuaMaeOleさん


「いいね」は気にしないでください〜
やっと全部アップしました。

ゆっくりでどうぞ。
読んでもらえるだけでうれしいです。

背中、押してもらえてうれしかったです。

こちら猛暑です。
名前
URL
削除用パスワード
by motibito03 | 2017-07-14 00:12 | ★リメイク漫画 | Comments(2)