ドラゴンクエスト4〜エピローグ〜

2006年の作品


長く辛い旅の果て、仲間たちと地の底までたどり着いた勇者。
デスピサロとの死闘の末、彼は世界に光を取り戻します。

勇者の最後のしごとは、仲間たちを故郷に送り届けること。
トルネコは妻と息子が喜んで迎えました。
ミネアとマーニャは故郷の村で父親の墓参りをし彼女たちを待っている街へ送り届けます。

アリーナ姫、クリフト、ブライたちは自分たちの国の再建へ燃えています。

戦士ライアンは故郷の城へ戻りました。彼を讃える城の人たち。


みんなを送り届けた彼は、ひとり故郷へ戻るのです。
誰もいない故郷。
彼を待つ者はもう誰もいないのです。


だけど、ここしか帰る場所はなかったのです。
天空の城ではマスタードラゴンがここに住むように言いますが、断ります。

かつて、天空人だった勇者くんのお母さんは地上の若者と恋に落ち、マスタードラゴンの怒りをかい勇者の父親は雷にうたれ死にます。
母はいずこへかは、わかりません。

そんなマスタードラゴンの城にはいることができないと思ったのです。

勇者くんは、独り故郷の隠れ里へ向かうのです。


d0372513_15005828.jpg


d0372513_15011375.jpg





d0372513_15013428.jpg




d0372513_15015244.jpg






d0372513_15021583.jpg





d0372513_15022573.jpg


勇者くんが、寝ているのか天に召されたのかはわかりません。

でも、精も根も尽き果てた勇者くんは、2度と起き上がることはありません。

自分の宿命、使命を受け止めそれに雄々しく立ち向かった勇者くん。

そんな彼に涙し忘れることがいまもできないのです。




[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by motibito03 | 2017-07-09 15:25 | ★『どらくえ』な世界 | Comments(0)